AGAは誰の影響を受けやすいのか?

AGAの直接の原因は、脱毛ホルモンであるジヒドロテストステロンの作用や、このホルモンを作り出す5αリダクターゼです。しかしジヒドロテストステロンのレセプターの感受性は遺伝によって引き継がれるので、間接的に人の影響がAGAの原因になることがあるのです。

 

・AGAは発症する人としない人がいる

 

男性の脱毛症のほとんどはAGAと言われていますが、誰にでも発症するわけではありません。同じ男性ホルモンを持っていて、5αリダクターゼが存在しているとしても、発症する人としない人がいるのです。

 

この違いに関わっているのがジヒドロテストステロンのレセプター(受容体)です。AGAを発症する人はレセプターの感受性が強く、発症しない人は感受性が弱いという性質を持っています。

 

・レセプターの感受性を左右する人とは?

 

レセプターはX染色体によって感受性が決まるのですが、その鍵となるのは母親です。X染色体を提供できるのは母親だけなので、AGAを発症している人は母親の影響を受けているのです。

 

といっても、女性は男性のような薄毛にはなりません。これはエストロゲンという女性ホルモンの作用が、男性ホルモンの作用より強いからです。ですので、AGAのリスクを判断する場合は、母方の祖父が薄毛かどうかをチェックしましょう。

 

・母親の影響でAGAが発症するか確認するには

 

もし、母方の祖父や親族に薄毛の人がいなければ、遺伝によってAGAを発症する確率はかなり低いです。ですが一人でも親族にAGAなどの薄毛の症状が出ている場合は遺伝している可能性があります。

 

AGAは早く対処すれば、その分改善しやすいと言われています。遺伝を確認するには遺伝子キットで検査をするか、クリニックでカウンセリングを受けるのが確実です。特にクリニックは無料でカウンセリングしてくれるので、不安な方は一度診てもらうといいですね。

 

AGAは父親の影響で発症する、というイメージがあるので、父親や親族に薄毛がいないと油断してしまいがちです。しかし実は母親の影響を受けやすいので、もし母方の親族に薄毛が多い場合はAGAが発症していなくても対策を行ってください。